珈琲物産會 出店者紹介「共和コーヒー」

今日はコーヒーのある暮らし🎶
共和コーヒーさん @kyowacoffee は1960年創業、さまざまなニーズに応じたコーヒーをお客さまとともに考え提案し、コーヒーのある暮らしを支えてきた老舗ロースター。炭火焙煎コーヒーのパイオニア的存在です。

25kgのPROBATを炭火焙煎用として独自に改良した世界でひとつの直火式炭火焙煎機を使用。世界中から厳選した生豆を研磨機にかけて不純物を取り除くところから始まります。このように生豆を「研磨」する工程を目にするのははじめて!表面をさらりと研磨するだけなのですが、仕上がりには大きな差が生まれるそうです。

そこから生豆をセットし、いよいよ焙煎スタート。炭火焙煎の難しいところはなんと言っても火加減を安定させること。焙煎機に取り付けられた熱源・釜・排気の3つの温度計を慎重に確認しながら、炭を投入したり風を送って火加減を微調整していきます。使用する炭は生産者も指定するというこだわりの「紀州備長炭馬目小丸」、叩くとキーンと響く金属音がして硬さと品質の高さが伝わってきます。

焙煎が進み水分が抜けてくるといよいよハゼが近づいてきます。炭火はガスに比べて温度が低いため、じっくりと長時間かけて焼き上げることも特徴のひとつ。炭火の効果で豆の中からふっくらと火が通り、表面だけが焼けることを防ぎます。

いよいよ焙煎完了!湧き上がる蒸気とともにザーッという音を立てて焙煎豆が排出される様子はまさに圧巻!豆の表面がオイルで包まれたつややかな炭火焼焙煎コーヒーが仕上がりました。

実際にいただいてみると切れのある喉越しの良さに驚き!「炭火」というイメージから苦いだけのコーヒーなのでは?などとは言わせない、ふくよかな香りと甘みが広がり、その1杯がまさに至福の一杯となりました。

炭火焼焙煎珈琲だからという理由だけで敬遠されたくないと語る三代目の村田恵美さん。
多様なコーヒーの焙煎や楽しみ方があるからこそ、一度飲んで確かめて欲しい。「炭火=苦いだけ」とはまったく違う価値観がそこに生まれます。
手間暇かけて作られる炭火焙煎はまさに職人の技。ストレートでもブレンドでも美味しいコーヒーを目指して日々進化し続ける炭火焙煎の世界の奥深さを体感しました。

◉12月18日 珈琲物産會 出品内容
備長炭で焙煎した炭焼コロンビア ナリーニョ 200g