珈琲物産會 出店者紹介「カミノコーヒー」

伊勢市駅から伊勢神宮外宮へまっすぐと続く参道。その脇道をちょっと入ったところに @caminocoffee.roaster カミノコーヒーさんはあります。築50年以上の古民家をシンプル&モダンにリノベーションした店内。開け放たれた入口から奥までがすっきりと見通せる空間で、大きな窓からはやわらかな日差しが差し込んでいます。

“カミノ”はスペイン語で“道”という意味の言葉。道はすべてつながり、そしてお客さまともつながる…そんな想いで名付けられました。この伊勢に転居地を求めて訪れた時、神宮の森と信仰の歴史に培われたあたたかい雰囲気にすっかり魅了されたというオーナーの植田大吾さん。2017年に開業、参宮に訪れる観光客はもちろん、地元の人にも愛されるお店となっています。

お店の奥には今年の春に設置したばかりの真っ白な焙煎機「DIEDRICH IR-5」。もともとイタリアンの料理人だった植田さんの焙煎は詳細なデータだけに頼るのではなく、スープや肉料理を仕上げていくように五感を使って自分の味を求めていく手法。料理人だけあって鋭い感覚を持つカミノコーヒーさんのコーヒーはそれぞれの素材を引き立てるような味わいの深さを感じさせます。

12月18日の珈琲物産會では「コーヒー豆100g+カミノオリジナルバッグ」を出品、珈琲物産會だけの限定品です!来年春に企画している珈琲博覧日2022の出店もとても楽しみにしてくださっている植田さん。「コーヒーを通じてホッとしたり楽しめる一日になるといいですね」と語ります。

ぜひ伊勢にお越しの際は、ぜひカミノコーヒーさんを訪れてみてくださいね🎶