プレ博 第1弾 HARIO day report

珈琲博覧日初のイベント、プレ博 第1弾「HARIO day」が無事に終了しました。
ご参加いただいた皆さま、ご参加ありがとうございました。

本日はFabCafe Nagoyaと同じRAYARD Hisaya-odori Park内のHARIO Cafeさんの出張ワークショップ。HARIO Cafeさんにとっても初の試みだったそうです。

まず最初はHARIO Cafeのご担当者様よりV60ドリッパーの解説。V60ドリッパー最大の特徴は円錐形の大きなひとつ穴。コーヒーの粉の層が厚いため、風味をしっかりと抽出できるのにお湯が滞留せずスムーズに落ちる仕組み。ドリッパーの特徴を知ったうえで、いよいよ抽出体験開始。

おひとりずつ用意されたV60ドリッパー&サーバー、そして「V60ドリップスケール」とドリップポット。V60ドリップスケールは抽出時間と抽出量が同時に計測できるタイマー付きスケール。スケールとタイマーを別々で用意する必要がないため、テーブル上がすっきりしますね。普段なかなか気にすることのない、正確な粉の量や蒸らし時間もこれならひと目でわかり、安定した味の実現に役立ちます。
そして、マットブラックがかっこいい「ミニドリップケトル・粕谷モデル」。細い注ぎ口でケトルの傾きにより注ぐお湯の量が調整しやすいため、自分好みのコーヒーが作れます。

10人の参加者を5人ずつのテーブルに分け、さらに時間差を設けて一人ずつ目を配りながら抽出開始。皆さん経験者でドリップがとっても上手!それぞれのペースで抽出していただきました。
抽出した後は、各テーブルごとに抽出したコーヒーを飲み比べ。同じ豆で同じ量、同じ道具を使っていてもそれぞれに違った味わいになるのもハンドドリップの面白さ。
その面白さを体感していただいたところで、二回目の抽出に挑戦。一回目の経験を踏まえて、さらに自分好みの味わいに近づけていきます。

ワークショップ終了後にはこの秋、9月25日に開催される珈琲博覧日の告知、特典付き前売りチケットのご案内などをさせていただきました。
ワークショップお申し込み時には7名の方が器具付きチケットでしたが、最終的には参加者全員が本日使用した器具(V60ドリッパー・サーバー・ペーパーセット)をご購入!
さらに今回だけの特典でHARIO Cafeさんの商品が10%OFFで購入できるとあって、ドリップスケールやドリップケトルも多数の方にご購入いただきました。

初めてのイベントで不手際もありご迷惑をおかけした部分もありましたが、参加者の皆さまにはおうちでハンドドリップを楽しめる近道をお伝えできたのではないかと思います。
次回は7月25日(日)Kalita day!話題のウェーブドリッパーを使ったカリタ式ハンドドリップを体験していただきます。

参加申込みはFabCafe Nagoyaまで。お申し込みはお早めに!