珈琲物産會 出店者紹介「イトウコーヒー本店」

コーヒー!コーヒー!イトウコーヒー
イトウコーヒーさん @i.c.s.coffee は1951年創業、今年で71年目を迎える名古屋の老舗ロースター。
業務用を中心に地域に愛されるコーヒーを目指して、喫茶黎明期から名古屋のコーヒー文化を支えてきた会社です。

名古屋市東区にあるイトウコーヒー本店は焙煎工場から直送される新鮮なコーヒーをはじめ、その場で焙煎できるスペシャルティコーヒーを扱う直営店。
店長の奥田直也さんのオススメは2020年にリニューアルした「カラコールブレンド」。カラコールとは3~5%しか収穫できない希少な丸豆(ピーベリー)のことで、ころんと小さな形からスペイン語で「カラコール(かたつむり)」と呼ばれています。

創業者がコロンビアのナリーニョ地方のカラコールに惚れ込み、「でんでん虫という名の珈琲 カラコールブレンド」として発売して以来、30年以上愛され続けてきました。
2020年その慣れ親しんだ味を見直し、8種類の豆をブレンドして新たに生まれ変わった「カラコールブレンド」。パッケージもシンプルながら目を惹くデザインに刷新!炭焼珈琲・ブレンド・ストレートの3種類から選べます。

もう一度カラコールブレンドと向き合い、ひとつの目標を達成できたことで、イトウコーヒーの歴史と伝統という芯となる部分を改めて実感できたと語る奥田さん。
今年、お店の前にカラコールがいつでも買える「コーヒー豆の自動販売機」を設置!全国でも数ヶ所しかないコーヒー豆自動販売機のなかでも、ペットボトルで販売するのはイトウコーヒーさんだけ。
「ペットボトルなのに、そのまま飲めないコーヒー!?」としても話題になっているそうです。

お店のもうひとつのオススメはその場でできる生豆焙煎。オリジナルブレンドからスペシャルティコーヒーまで常時15種類程度の豆が揃います。最近の人気はカフェインレスコーヒー、小さな子どものいるお母さんや、夜にコーヒータイムを楽しみたい人が買い求めていくそうです。

また、創業70周年を記念してオリジナルコーヒー缶やマグカップなどを使いやすいサイズ感で復刻。昔のものを大切にしながらも、今の暮らしにちょうど良いコーヒーグッズを提案しています。

12月18日の珈琲物産會ではカラコールづくしを出品!
カラコール(ブレンド/ストレート/炭焼珈琲のいずれか1種類)
コーヒー豆200g+ドリップバッグ1個セット

幅広い世代のコーヒー好きに届けたいイトウコーヒーさんのコーヒー豆。
懐かしくも新しい味わいがこれからも名古屋のコーヒー文化を支えていきます。